事業案内 - 国際研修 - 研修の企画立案の流れ

代表的な研修プログラム例

公務員人事評価制度

研修内容・特徴

本研修は、アジア、中東をはじめとした国々において公務員人事を担当する中堅以上の職員を対象とし、講義、事例研究、討議、視察で構成される。参加者は、日本の人事評価に係る経験・知見の習得を通じて自身のスキルを向上することができる。平均的な研修期間は1週間である。

目的

(1) 日本の人事評価について理解する。

(2) 日本の国家公務員及び所属組織の人事評価の特徴を把握する。

(3) 本研修で得た知見を自身の業務への応用を検討する。

研修カリキュラム

内容手法
1. 公務員の人事評価について 講義
発表・討議
2. 組織目標と個人目標の整合性 講義
事例研究
グループワーク
3. 人事評価制度の運用 視察
4. 先進事例紹介・評価結果の反映 事例研究
視察
5. 研修のまとめ 発表
意見交換

プログラムの様子

講義(2017年度インドネシア人材育成・人事管理研修)
個人業績目標設定に関するグループワーク(2016年度インドネシア人事評価研修)
人事院公務員研修所の視察(同上)

参加者の声

“日本の公務員の人事管理について採用、昇進等の体系を学べた。韓国および他国との比較を通して、違い・類似点についても含まれると良かった。”(2019年度韓国参加者)

「職員の能力とモチベーションをアップさせる人材育成型の人事評価制度」をテーマとして講義では、よい実践例を学ぶことができた。(2016年度インドネシア参加者)

“実務者として日本の経験や文化的影響、業務計画、指導、評価、報酬における管理職の役割と責任等についても学べると良かった。”(2016年度インドネシア参加者)

当該分野の研修実績

2019年度 韓国政府職員「人事行政研修」 20

2017年度 インドネシア財政開発監督庁「人材育成・人事管理研修」 15

2017年度 ASEAN公共サービス委員会「人事行政研修」 25

2016年度 インドネシア国家行政院「人事評価研修」 15

2016年度 ベトナム共産党中央組織委員会「国家公務員の人材管理及び人材開発」 21

2015年度 インドネシア国家開発企画庁「人事評価システムおよび行政サービスの刷新」 22

お問い合わせ先

JICE 研修事業部 国際研修課