事業ニュース

ワン・ワールド・フェスティバル 出展のお知らせ

2010年2月6日・7日に、大阪国際交流センターで「感じる・ふれあう・助け合う 世界につながる国際協力のお祭り ワン・ワールド・フェスティバル」が開催されます。

このフェスティバルにはNGO/NPOや教育機関、国際機関、政府機関、ODA実施機関、企業など、約130もの様々な団体・企業が参加し、活動紹介展・セミナー・トークイベント・ワークショップ・体験コーナーなどさまざまなプログラムが用意されています。

今年JICE関西支所では、「人づくり」、「国際交流」、「多文化共生支援」の3つのテーマを掲げ、政府ODAの実施機関8団体と共同でブースを出展します。

ご来場の皆さまに楽しんでいただきながらJICEの国際協力についてわかりやすくご紹介します。 国際協力・交流に携わっている方も、これから関わっていきたい方も、どうぞお誘いあわせの上、ぜひJICEブースにご来場ください。お待ちしております!

【開催概要】
1.名称 ONE WORLD FESTIVAL ワン・ワールド・フェスティバル
※ワン・ワールド・フェスティバル事務局HP
http://www.interpeople.or.jp/owf/index.php
2.開催日時 2010年2月6日(土)10:00~17:00
(※JICEミニトーク実施時間:11:00~11:30)
ミニトークのテーマ:
インドから来た高校生
~滋賀県で過ごした1週間~

青少年交流の担い手としてインドからやって来た高校生たちは、滋賀県でどんな1週間を送ったのでしょう?彼らのまなざしを通して見えてきた日本の姿とは?日々、東アジアの高校生と、日本の高校やホストファミリーとの橋渡し役を務めるJICEスタッフが、分かりやすいトークでお届けします。

2月7日(日)10:00~16:00
(※JICEミニトーク実施時間:10:30-11:00)
ミニトークのテーマ:
走れ!デズィアーニ調整員
滋賀県近江八幡市では、経済不況によって失業した日系人に対して、日本語研修が行われています。安定した生活が絶たれた彼らに立ち直ってもらいたい、自分たちの手でもう1度夢をつかんでもらいたいと願い、日々奮闘しているデズィアーニ調整員が現場を熱く語ります。
3.開催場所 大阪国際交流センター(地下鉄:谷町九丁目駅 / 近鉄:大阪上本町駅)
JICEブース:1階国際交流・国際協力合同ブース内
4.協力 外務省
5.入場料 無料