事業ニュース

「江蘇省衛生健康委員会・JICE医療交流10周年記念式典」「日中医学交流フォーラム記念講座」を開催しました

アジア 国際研修

 JICEは2022年11月18、江蘇省衛生健康委員会、江蘇省外事弁公室共催により「江蘇省衛生健康委員会・JICE医療交流10周年記念式典」および「日中医学交流フォーラム記念講座」を実施しました。

 JICE2012年江蘇省衛生庁(当時)との間に医療衛生分野における協力協定を締結しました。同協定に基づき2019年度までに医師研修を8回実施、計97名の医療関係者が参加、江蘇省の医療レベル向上、日中医療関係者の相互交流の発展に寄与してきました。2015年に江蘇省で開催された衛生庁とJICEの共催による南京医療交流会には日本から29名の医師参加、大規模な交流が実現しました2016年から18年に、医薬品、労働安全管理に係る職業病の防止と治療、医療衛生分野のエマージェンシーマネジメント、東洋医学などの分野でも視察・研修を実施し、2018年江蘇省医療衛生部門の責任者である譚頴主任訪日に際して、JICEは日中共通の課題である高齢化と医療に関する視察を企画・実施しました。

 今回の式典フォーラムは、COVID‑19により2020年以降相互往来が停止している中、れまでの交流を振り返り、将来を展望する場として開催されました江蘇省側はオンライン・オフラインのハイブリッド、日本側はオンラインで実施し、これまで研修に参加した医師や日本側指導医を中心に、100が参加しました。

 記念式典では、江蘇省衛生健康委員会 朱岷副主任、江蘇省人民対外友好協会 銭文華副会長、JICE吉田耕三理事長祝辞を述べられました。また、日本の受入病院医師を代表し松本健史先生(日本橋室町三井タワーミッドタウンクリニック※研修受け入れ時は順天堂医院消化器内科 准教授)より心温まるエピソードのご紹介「同じ思いを抱けば国籍など関係なく仲間になれる。新型コロナで対面交流が途絶えているが、雨は必ず止む」とのお言葉がありました。研修に参加された江蘇省医師代表の周暁俊先生(蘇州大学附属第一病院 胃腸外科副主任は、2015年の日本研修の際、指導医の配慮で、当時まだ所属病院には導入されていなかった「ダヴィンチXi」を学ぶ機会を得、5年後に中国で資格取得、その後のロボット手術100件達成の記念式典で、東京で初めてロボットと出会った時のことを思い出し、感無量だった」と帰国後の研鑽の成果を紹介ました。また、寛先生(江蘇省人民病院 一般外科主任胃腸外科センター江蘇省の医療の現状と医師研修の成果を紹介され、上塚芳郎先生(一般財団法人松本財団 顧問・医師JICE評議員JICEと江蘇省の医療交流おける様々な可能性と意義について言及され、今後の日中医学交流に対して提言ありました。

 日中医学交流フォーラム記念講座では、日中双方の消化器内・外科の医師がそれぞれの分野における取り組みについて講演を行いました。日本側からは、座長土田明彦先生(牧野記念病院 院長JICE評議員)、須並英二先生(杏林大学医学部 消化器・一般外科 下部消化管外科 教授)の進行のもと、後藤田卓志先生(日本大学病院 消化器病センター・消化器内科 教授)、斎藤豊先生(国立がん研究センター中央病院 内視鏡センター長)、深川剛生先生(帝京大学医学部附属病院 上部消化管外科 教授)、齋浦明夫先生(順天堂大学医学部附属順天堂医院 肝・胆・膵外科 主任教授)が登壇され参加者と活発なディスカッションました多くの参加者にとって懐かしい顔ぶれとの再会の場となっただけでなく中国の若手医師が日本の医療技術に触れる貴重な機会となりました。

 JICEは、今回の式典フォーラムが日中の医療関係者の更なる交流を促進する契機となことを願い引き続き江蘇省衛生健康委員会と協力して、対面研修の早期再開実現と医療・衛生分野の事業推進に尽力してまいります

研修事業部国際研修課兼務    
総務部中国室 浅野 智美 記