プログラム概要

対日理解促進交流プログラム「JENESYS2018」の一環として、ASEAN7か国(カンボジア、シンガポール、タイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス)のU-19女子サッカー青年及び役員等159名が、2019年2月27日~3月7日の日程で来日し、「日ASEAN青少年スポーツ交流(女子サッカー)*」をテーマとしたプログラムに参加しました。

一行は、沖縄県を訪問し、日本のサッカーにおけるアジアの貢献等についての講義を聴講し、3月1日から6日まで、残波岬ボールパーク及び読谷村陸上競技場において、日本人を含む8か国の青少年らと、サッカーの合同練習、国別交流試合及び交流会を行い、同世代の友情を育みました。また、滞在中に、文化視察や体験を行い、多角的に日本への理解を深め、各々の関心事項や体験についてSNSを通じて対外発信を行いました。帰国前の成果報告会では、訪日経験を活かした帰国後のアクション・プラン(活動計画)について発表しました。

*「日ASEAN青少年スポーツ交流(サッカー(女子))*」は、日本サッカー協会の協力のもとに実施されました。

【スポーツ交流】国別サッカー練習、サッカー交流試合「沖縄選抜VSベトナム」
【スポーツ交流】国別サッカー練習、サッカー交流試合「タイVSミャンマー」
【スポーツ交流】国別サッカー練習、サッカー交流試合「カンボジアVSマレーシア」
【文化体験】琉球藍染