プログラム概要

対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」として,日本の高校生および引率者計14名がカナダへ派遣され,日本の政治,経済,社会,文化,歴史に関する理解促進や,日本の魅力等の積極的な発信を目指し,2020年1月18日~1月26日の日程でプログラムを実施しました。

一行は,地域住民や高校生・大学生および日本語学校の生徒との交流で日本の魅力を発信し,視察先ではカナダや日加両国の関係について理解を深めました。プログラム中,各々の関心事項や体験についてSNSを通じて積極的に対外発信を行いました。また,帰国前のワークショップ・報告会では,カナダ訪問経験を活かした帰国後のアクション・プラン(活動計画)についてグループ毎に発表しました。

【学校交流】モスクロップ高校
【文化体験】カーリング
【表敬訪問】カナダ・アジア太平洋財団事業部長 ハリソン・スコット氏
活動計画「札幌市立札幌開成中等教育学校の生徒と,小学校の児童等若い世代を対象にポスターと新聞を作成する」