プログラム概要

 台湾より大学生・大学院生及び引率者計34名が,1月30日~2月7日の8泊9日の日程で来日し,日本の「防災」と「災害からの復興」に係る取り組みをテーマとしたプログラムに参加しました。
 関連テーマの基調講演や地方自治体表敬訪問,関連施設の視察を通じて,日本の自然災害と,それに深く関わる減災・防災対策や復興活動,最先端技術等について,理解を深めました。
 また,ホームステイや大学生との交流を通して日本についての理解を深め,各々の関心事項や体験についてSNSを通じて対外発信を行いました。帰国前の報告会では,訪日経験を活かした帰国後のアクション・プラン(活動計画)について発表しました。

開講式(東京都)
鉄道総合技術研究所(東京都)
ホームステイ(長崎県)
活動計画「東北地方の復興状況を視察、検討する」