プログラム概要

対日理解促進交流プログラム「JENESYS2018」の一環として、メコン5か国(カンボジア、タイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス)より高校生及び各国サッカー協会役員123名が2018年10月3日~10月10日の日程で来日し、「スポーツ交流(サッカー)」をテーマとしたプログラムに参加しました。

一行は、日本サッカー協会(JFA)の協力の下、福島県のナショナルトレーニングセンターJヴィレッジにおいて、日本チーム(U-17日本代表、U-17湘南ベルマーレ、学校法人尚志学園尚志高等学校)を加えた交流試合を行い、同世代の青年間の友好を深めるとともに、日本のサッカー環境や魅力を体験しました。10月9日には、東京にて、安倍晋三内閣総理大臣及び「日メコン首脳会議」に出席の各国首脳へ表敬訪問を行いました。また、各々の関心事項や体験についてSNSを通じて対外発信を行いました。帰国前の報告会では、訪日経験を活かした帰国後のアクション・プラン(活動計画)について発表しました。

【スポーツ交流】交流試合
【成果報告会】
【テーマ関連の視察】日本サッカーミュージアム
活動計画「プログラムの成果・経験をfacebook、出版物、インスタグラムにより発信する」