プログラム概要

対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」として米国へ日本の大学生および引率者計25名が派遣され,日本の政治,経済,社会,文化,歴史に関する理解促進や日本の魅力等の積極的な発信を目指し,2020年2月16日~2月23日の日程でプログラムを実施しました。
一行は,学校交流で日本の魅力紹介プレゼンテーション及び実演を行い,視察先では米国や日米両国の関係について理解を深めました。プログラム中,各々の関心事項や体験についてSNS を通じて積極的に対外発信を行いました。また,帰国前の報告会では,訪米経験を活かした帰国後のアクション・プラン(活動計画)についてグループ毎に発表しました。

【視察】ウィリアム・J・クリントン大統領図書館
【表敬訪問】アーカンソー州知事 エイサ・ハッチンソン氏
【学校交流】ヘンドリックス大学
活動計画「ヘンドリック大学とセントラル・アーカンソー大学の学生,日本食に興味がある人を対象に日本語と英語両方で発信し,フォローをしてもらう」