プログラム概要

一般財団法人日本国際協力センターでは対日理解促進交流プログラム「JENESYS」(対象国:ASEAN諸国及び東ティモール)の実施団体として青少年交流事業を実施しています、ミャンマーについて学ぶプログラムに参加してくださる大学生参加者を募集します。

Ⅰ. オンライン交流プログラム概要

1.事業概要

対日理解促進交流プログラムは、日本政府(外務省)が推進する人的交流事業であり、日本とアジア大洋州、北米、 欧州、中南米の各国・地域との間で、対外発信力を有し、将来を担う人材を招へい・派遣するものです。政治、経済、社会、文化、歴史及び外交政策等に関する対日理解の促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘し、また、日本の外交姿勢や魅力等について被招へい者・被派遣者自ら積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、我が国の外交基盤を拡充することを目的としています。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う海外との渡航の制限を受け、現在オンラインでの交流プログラムを実施しています。

2.募集対象案件について

(1)実施日時:2021年12月14日(火) 17:00~18:00

(2)言語:日本語

(3)内容:在ミャンマー日本国大使館より、ミャンマーの概況、日本とミャンマーの関係に関して講義を行います。
      後半には、参加者からの質疑応答の時間も設ける予定です。

(4)対象者:日本の大学生

Ⅱ.応募方法

応募締め切り: 2021年12月10日(金) 17:00
以下の申し込みフォームのリンクから必要事項記入の上、ご提出ください。

申込フォーム:【JENESYS ASEAN】【日本とASEAN諸国の関係性を学ぶウェビナー 対象国:ミャンマー 】