事業案内 - 国際研修 - 研修の企画立案の流れ

代表的な研修プログラム例

医療従事者研修支援(医療技術等国際展開推進事業)

事業内容・特徴

本業務は、医療の国際貢献並びに国際展開のための施策として、日本の医療従事者や医療関連産業の技術者を海外へ派遣すると共に、相手国から医療従事者や保健医療関係者を受け入れる、厚生労働省の「医療技術等国際展開推進事業」(以下、本事業)における研修支援業務である。実施主体は、国立研究開発法人国立国際医療研究センター(以下、NCGM)である。

本事業は、(1)外部事業部門 (2)NCGM事業部門 (3)厚生労働省枠の3部門から成り、JICEは(2)NCGM事業部門において2017年から研修運営管理業務を受託している。2019年度は過去最多の103名の研修員の招聘業務に携わり、これまでの経験を最大限に生かしつつ、渡航関連業務、通訳及び現場におけるコーディネーション、緊急時対応など、来日から帰国まで一貫したサポートを行った。

参加者の声

“研修開始直後に高熱が出た時、JICEの事務局担当者が病院に付き添ってくれ、受診に係る手続きを代行してくれた。初めての日本で不安だったが、家にいるかのように安心して過ごすことができた。” (2019年度 中国「肝臓外科診療技術の向上を目的とした国際連携体制の構築」 医師)

“コーディネーターは毎日きちんと決まった時間に迎えに来てくれて、先生方は熱心に講義をして下さったうえに自分たちをもてなして下さった。臨床見学の際、職員の方々が皆仕事熱心で、真面目で慎重であると感じた。” (2019年度 ベトナム「バックマイ病院を拠点とした外科系チーム医療プロジェクト (脳卒中チーム)」 看護師)

“コーディネーターは仕事熱心で、通訳業務の他にも日本人の生活、社会文化なども説明してくれて日本の理解促進に役立った。開講オリエンテーションでは、研修に必要な情報について詳しい説明があった。” (2019年度 ベトナム「バックマイ病院を拠点とした外科系チーム医療プロジェクト (脳卒中チーム)」 薬剤師)

お問い合わせ先

JICE 研修事業部 国際研修課