事業案内 - 国際研修 - 研修の企画立案の流れ

代表的な研修プログラム例

カイゼンと5S

研修内容・特徴

ものづくりを現場で支え、日本の高度経済成長の原動力となったのが「カイゼン」である。そして今や、カイゼンは製造業にとどまらず、あらゆる分野・業界において、業務の効率化、改善による質の向上、生産性の向上、組織の活性化を促し、そこに携わる一人ひとりの能力向上にも効果を発揮している。

この研修では、カイゼンの考え方とそれを実現するためのアプローチである「5S」活動などについて学び、今抱えている職場の問題を改善し、解決し、職場を活性化するためのアクション・プランの作成を目指す。研修期間は2週間。

到達目標

(1) カイゼンの考え方と全体像について理解し、説明できるようになる。

(2) カイゼンのための手法を学び、カイゼン活動を実践できるようになる。

(3) 問題解決手法を習得し、問題の解決、改善に向けたアクション・プランを作成する。

研修カリキュラム

内容手法
1. カイゼンとは 講義
グループワーク
視察
2. 5S活動の進め方 講義
グループワーク
視察
3. カイゼン手法 講義
グループワーク
4. ものづくり体験実習 講義
グループワーク
5. 問題解決の進め方 講義
グループワーク

プログラムの様子

紙飛行機の生産管理演習ではストップウォッチで時間を測り生産効率を上げるためにどうしたらいいかグループワークを行う。

お問い合わせ先

JICE 研修事業部 国際研修課