参加者の声

参加者の声

JENESYS 国内プログラム

【インタビュー】JENESYS2.0の参加者で、現在日本の大学院に留学中のSok Pisethさんにメールでインタビューを行いました。

2015年1月にメディア第9陣のカンボジアからの訪日団の一人としてJENESYS2.0に参加されたSok Pisethさんが、日本のODAにより実施されている「人材育成奨学計画」(JDS)の留学生に選ばれ、現在神戸大学大学院で学んでいます。...
詳しくはこちら
JENESYS 国内プログラム

【インタビュー】21世紀東アジア青少年大交流計画参加者で、現在日本の大学院に留学中のSaroeun Punhavanさんにメールでインタビューを行いました。

2010年11月にカンボジア理工系学生訪日団の一人として21世紀東アジア青少年大交流計画(JENESYS Programme)に参加されたSaroeun Punhavanさんが、日本のODAにより実施されている「人材育成奨学計画」(JDS...
詳しくはこちら
JENESYS 国内プログラム

【インタビュー】JENESYS2.0 参加者、Aparazita Rahmanさんがバングラデシュ新鋭作家グループ展に参加しました。

2018年4月19日から5月1日まで、東京都新宿区の公益財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館で「Gush―紛争の地から出ずるもの―」 というタイトルでバングラデシュの若手アーティストの作品展が開催されました。2013年にJENESYS2...
詳しくはこちら
JENESYS 国内プログラム

【インタビュー】JENESYS2017参加者、Shakar Bhattaraiさん(ネパール)が日本の大手IT企業に就職が決まったため、インタビューに伺いました。

―楽天に採用されるまでの経緯を教えてください。 もともと海外のIT業界で働きたいと考えていて、キャリアサイトで楽天を見つけました。JENESYSへの参加後に応募し、シンガポールで面接を受け、採用が決まりました。ネパールとシンガポールは地理的...
詳しくはこちら
KAKEHASHI 国内プログラム

KAKEHASHI 2018年1月来日 米国/社会人

日本外交や政治についても学ぶことができて嬉しく思いました。滞在中にメンバーとよく話したのですが、今後私たちがアメリカで何が出来るかを考えるとき、日本がどのように米国を見ているかを意識し、アメリカが比較的若い国である事実を認識すると同時に日本...
詳しくはこちら
KAKEHASHI 国内プログラム

KAKEHASHI 2018年3月来日 米国/学生

KAKEHASHIプロジェクトには言葉にできないほどの影響を受けました。日本を訪れ、その文化や民俗性に触れる一生に一度の機会を提供してくれました。日本はアメリカと大きく異なっていました。道路はきれいだし、人々は礼儀正しく、辛抱強く、親切で、...
詳しくはこちら
KAKEHASHI 海外プログラム

KAKEHASHI 2018年1月 米国への派遣/高校生

KAKEHASHIプロジェクトに参加して、自分の価値観が大きく変わる体験をさせていただきました。 滞在2日目にJETROの方から日本と米国の経済の動きやその変化に関わるお話を聞きました。米国に日本の大企業が進出する中で、中小企業もより海外に...
詳しくはこちら
JENESYS 国内プログラム

JENESYS 2017年11月来日 フィリピン/高校生

日本の高校生との交流は、とてもよい思い出になりました。茶道体験や書道を通した交流の時間はあっという間でしたが、苦い抹茶もとても気に入りました。南会津町舎は、ほとんどすべてが地元の木材で作られていてとても驚きました。日本の技術者たちはほんとう...
詳しくはこちら