事業ニュース

日本の特色産業の発展及びその産業特別区に関する政策分析【日本-台湾技術協力研修】

アジア 国際研修

2014年の第3案件目となる「日本の特色産業の発展及びその産業特別区に関する研修」が10月19日から10月25日まで実施され、台湾経済部工業局、輸出加工区管理処、中小企業処の行政官4名が参加しました。

研修期間中には、省庁、独立行政法人、一般社団法人、大学、地方自治体、企業等の各担当者から日本の産業クラスター政策や、産業推進事業、環境を配慮したバイオ界面活性剤による商品開発、伝統工芸伝承・保存、企業支援などの取組について講義を受け、関連施設などを見学しました。講義においては、活発な意見交換を行うとともに、講義内容について一つ一つ理解を深めるために適宜質問等の発言がなされました。また担当者も丁寧に対応下さり、互いの理解を深め、積極的な交流をはかりました。


研修事業部海外協力課 田中春菜 記




sangyo001.JPG sangyo002.JPG
【JICEにて開講式 
右から5番目 
台北駐日経済文化代表処 課長 高金玫氏 
その左隣 当センター常務理事 岸本昌子】

【経済産業省立地環境整備課との意見交換】




sangyo003.JPG sangyo004.JPG
【TAMA産業活性化協会において講義】

【産業技術総合研究所における講義】

sangyo005.JPG sangyo006.JPG
【さいたま市における講義】


【さいたま市
ハイパーエネルギーステーション視察】

sangyo007.JPG sangyo008.JPG
【京都伝統工芸館にて視察】

【京都高度技術研究所での講義】

sangyo009.JPG sangyo010.JPG
【堺市産業振興センターにおける講義】


【株式会社アイテックにて視察】