事業ニュース

カタール国高校生訪日プログラム

中東 国際研修

 JICEでは、在京カタール大使館の依頼を受け、10日間の「カタール国高校生訪日プログラム」を実施しました。
 一行は2月1日に来日し、東京都、愛知県、岐阜県、京都府、大阪府や兵庫県でプログラムを実施いたしました。3日間の東京プログラムでは、日本科学未来館や千葉工業大学東京スカイツリータウンキャンパスの訪問など最先端技術を学んだり、アニメ制作体験などのサブカルチャーに触れる機会を得ました。また池袋防災館では、日本の地方自治体における防災への取り組みについて体験しながら学びました。

kokosei0001.jpg
夕食会を終えて
訪日団引率者Mr. Hassan Al-baker(左より3人目)
JICE山野幸子理事長(同4人目)


kokosei0002.jpg kokosei0003.jpg
(千葉工業大学東京スカイツリータウンキャンパス/杉並アニメーションミュージアム)

 愛知県ではトヨタ自動車株式会社豊田工場の訪問により日本の産業について学ぶ一方で、名古屋大学への訪問では、日本の大学の特色や留学のための情報などを得ました。また岐阜県立郡上高等学校では学校交流を行い、文化交流や授業体験、昼食交流を通して同世代の友人を得ると共に、日本の教育や学校制度について学ぶことが出来ました。

kokosei0004.jpg kokosei0005.jpg
(岐阜県立郡上高等学校での交流風景)

 京都では、古代友禅染の体験や和服での清水寺散策など日本の伝統や歴史を体感したほか、神戸では初めての雪に感動しながら六甲山の自然を堪能しました。また関西江崎グリコ株式会社神戸工場の訪問では日本の食の安全について学びました。

kokosei0006.jpg kokosei0007.jpg
(古代友禅染体験/和服での清水寺散策)

 本プログラムはカタール国教育最高評議会が派遣する初の高校生訪日プログラムで、訪日団メンバーは3校より選ばれた優秀な6名の高校生(14-17歳)と1名の引率教員の7名で構成され、各訪問先で積極的にプログラムに臨み、相互理解に努めていました。またJICEにとっても本プログラムは初めてのカタール国の案件であり、これを機に今後カタール国との関係をより一層深めていきたいと考えています。


研修事業部 海外協力課
相馬 幸永子