事業ニュース

中国・甘粛省蘭州市「大気環境改善事業」訪日団受入

中国 国際研修

 中国シルクロードの拠点敦煌を有する甘粛省より、刘乃林団長以下都市農村建設局及び蘭州市熱供給公社から成る団員12名が、2016年1月20日(水)~29日(金)日本に滞在し、大気環境改善に係る研修関連施設を訪問しました。

当訪問団は、日本の円借款事業「甘粛省蘭州市大気環境整備事業」の一環であり第1回目は7年前の2010年1月に実施され、今回が第2回目となります。第1回目を実施した翌年2011年6月にJICEが現地を訪問した際にも、広範囲に亘り熱供給パイプの設置が進んでいました。
当事業は2008年開始後順調に進められ、今年度が当該借款事業の最終年度ともなります。
したがって今回は本事業における最終的な訪問団となりますが、東京においては環境省で「日本の大気汚染防止政策概論」の講義を受け、品川清掃工場においてはゴミ処理施設の排熱利用と排ガス対策の最先端技術を視察しました。また国際協力機構(JICA)本部を表敬訪問して、これまでの本事業における日本の協力に謝意を表明しました。

その後札幌では、北海道環境局、札幌市環境局における大気汚染関連の講義、北海道熱供給公社と北海道地域暖房株式会社の熱供給システムなども視察しました。
どの視察先においても団員皆熱心に質疑応答を繰り返し、機会あるごとに日本の援助のおかげで蘭州市に青空が戻ったと感謝の言葉がありました。

今回10日間という短期間ではありましたが、滞在中団員は中国での成果を報告しつつ、日本における熱供給システムを再確認し帰国されました。第1回目と2回目の研修を担当し、現地の視察も行った筆者としては、個人的にも感慨深いものがありました。
また、いつか彼らに再会できることを期待しています。再見!

北海道支所長 仮谷宣昭

kansyuku01.jpgkansyuku02.jpg
歓迎会 
JICE山野幸子理事長(前列中央左)、
刘乃林団長(前列中央右)、
常培斌副団長(後列、団長の後ろ)、
JICE宮内和子コーディネータ(右端) 

 環境省訪問
武永礼処長(前列右端)、
劉春生蘭州市熱供給公社総経理(後列左から3番目)、
王永清副総経理(後列左から2番目)

kansyuku03.jpgkansyuku04.jpg
品川清掃工場訪問 
工場長(右端)、王偉副総経理(左端) 

 JICA訪問
朱守積副総経理(後列中央)、
陳延瑾副主任(後列右から2番目)

kansyuku05.jpg
刘乃林団長(前列中央右笑顔)、常培斌副団長(団長左)、
前列右端から王偉副部長、哈麗萍処長、沈薇薇副処長
JICE仮谷北海道支所長(後列右端)、大岡中国室長(前列左端)
於:北海道熱供給株式会社

kansyuku06.jpgkansyuku07.jpg
於:北海道地域暖房株式会社 
 於:大阪OGCTS千里エネルギーセンター

以上