事業案内 - 国際研修

研修の企画立案の流れ

研修の企画立案の流れ

研修プログラムの企画立案は以下の流れに沿って行います。

  1. ニーズ確認

    要求入手
  2. 企画立案
  3. 提案

    見積り
  4. 決定

    契約
  5. 研修開発

1. ニーズ確認・要求入手

お打ち合わせやヒアリングを行い、研修により解決したい課題、期待する成果、参加人数、研修期間、費用予算等を確認いたします。これらの内容を「研修プログラム企画運営要求シート」にご記入のうえ提出していただく場合もあります。

PDF JICE研修プログラム要求シート(1MB)
※必要事項をご記入の上、E-mail: kikakut@jice.orgへ送付お願いいたします。

2. 企画立案

入手した情報をもとに、研修プログラムの企画立案を行います。研修内容には双方向での議論、討議、ケース・スタディー、視察訪問及びワークショップ等を含みます。政府機関、大学、研究機関、自治体、シンクタンク、民間企業など多彩な研修先から的確に選定します。

3. 提案・見積り

立案した企画案を提示し内容の確認を行います。同時に、お見積り案を提出いたします。必要に応じて、お打ち合わせ等により内容の見直しを行います。

4. 決定・契約

企画内容に合意いただいた後、契約を締結いたします。

5. 研修開発

合意頂いた企画内容にそって最適な研修プログラムを開発します。長年の経験と実績、広範囲のネットワークを活用しプログラムを作成します。

開発プログラム例

  • リーダシップ/人材育成
  • KAIZEN(改善)手法
  • 人事管理
  • E-Government
  • 中小企業支援
  • 女性起業支援
  • 医療制度改革
  • 防災マネジメント
  • 公務員改革
  • ICT
  • 学生プログラム
  • ボランティア
研修での視察風景、講師から説明を受けている

お問い合わせ先

JICE 研修事業部 国際研修課