事業ニュース

アメリカにおける職員研修 第一回職員研修の実施(ワシントンD.C)

北米 複合(事業)

 2014年9月、米・ニューヨークに本部を置くIIE (Institute of International Education)とJICEは職員研修に関するMOUを締結し、第一弾としてIIEが実施するProfessional Attachment Programに職員が参加しました。このプログラムは、当センターとJICEの将来的な連携を目指し、JICE職員がIIEの事業実施チームに一定期間在籍して相互の事業実施への理解を深めるプログラムとして実施されるものです。
Institute of International Education (IIE):http://www.iie.org/ 

今年度は留学生事業部の齊藤牧副課長が、IIEが国務省から受託しているInternational Visitor Leaders Program(IVLP) を実施するチームに所属し、4週間にわたり本プログラムへの理解促進と関係者との意見交換を行いました。
IVLPは世界各国の様々な分野のプロフェッショナルをアメリカに招聘し、国内の専門家や関係者との対話を通じて理解を深め、ネットワークを構築し、相互の発展に寄与することを目的としたプログラムです。

IIEスタッフはこのIVLP事業の理念を十分に理解し、その上で準備や実施において、重点を置くべきポイントと省略するポイントを明確化していたことが印象的でした。スタッフ一人当たりが担当する案件数は非常に多いのですが、一人一人が悩みながら時間をかけてプログラムを考えるのではなく、各スタッフが持つ幅広い人脈を駆使して効率的にプログラムを創り上げており、ここにIIEが長年培ってきたネットワークが活きていることを実感しました。

本プログラムはJICEの基幹事業である研修受託事業と多くの類似性を持つことから、複数の招へいプログラムを見学による比較研究の結果、今後JICE事業にて活かせる多くのヒントを得ることができました。今後JICE内で広く共有し、JICE事業のより一層の効率化と質の向上を図ります。

pap2014.jpg
滞在期間中は短期招聘事業のほか、国務省が実施するアメリカへの留学プログラムにも参加。
写真はThe Hubert H. Humphrey Fellowship Programにおける、年次総会の様子。

留学生事業部留学生課
 副課長 齊藤 牧  記