事業ニュース

平成27年度外国人就労・定着支援研修 第1回開講式が実施されました

複合(地域) 多文化共生

平成27年度外国人就労・定着支援研修の第1回開講式が静岡県浜松市市民協働センターで行われました。開講式には厚生労働省職業安定局派遣・有期労働対策部外国人雇用対策課堀井奈津子課長、在浜松ブラジル総領事館ジョゼ・アントニオ・ピラス総領事、在東京ペルー総領事館ホルヘ・ハジョ総領事をはじめ、静岡労働局、ハローワーク浜松、静岡県、浜松市等関係者がご臨席になりました。受講者を代表してブラジル出身のペッソア・スエリさんが本研修に積極的に参加し、日本語を習得し、よりよい仕事を見つけたいと決意を述べました。JICE岸本昌子常務理事からは、受講者に向け、就労に役立つ日本語や日本の職場の環境理解等をこの研修で学び、安定した仕事に就いていただきたいとの挨拶がありました。なお、今年度の外国人就労・定着支援研修は全国15都府県82地域において250コースの研修が順次開講される予定です。JICEでは定住外国人の皆様の円滑な求職活動、安定就労を目指し、本事業を実施して参ります。

tabunka201501.jpgtabunka201502.jpg
厚生労働省職業安定局
派遣・有期労働対策部外国人雇用対策課
堀井課長ご挨拶
真剣に開講式に臨む受講者の皆さん
tabunka201503.jpgtabunka201504.jpg
在浜松ブラジル総領事館
ジョゼ・アントニオ・ピラス総領事ご挨拶
在東京ペルー総領事館
ホルヘ・ハジョ総領事ご挨拶
tabunka201505.jpgtabunka201506.jpg
受講者代表ペッソア・スエリさんご挨拶JICE岸本常務理事挨拶


研修事業部多文化共生課長 吉村純