事業ニュース

「中国(江蘇)-日本医療技術大会・江蘇訪日研修医師交流会」開催について

中国 国際研修 複合(事業)

 2015年7月18日、「中国(江蘇)-日本医療技術大会・江蘇訪日研修医師交流会」が開催されました。この交流会は江蘇省衛生和計画生育委員会(旧衛生庁、以下:衛計生委)及びJICE共催のもと、腫瘍分野の本会議と睡眠無呼吸分野の分科会で構成されています。腫瘍本会議は江蘇省がん学大会において、消化器がん研究サミットフォーラムの中での交流会として位置づけられており、江蘇省国際会議センター(南京鐘山賓館)金陵庁において開催され、他方、睡眠無呼吸分科会は江蘇省省級機関病院で開催されました。
本交流会に参加のため、17日から20日にかけて、国立研究開発法人国立がん研究センター、東京女子医科大学、国家公務員共済組合連合虎の門病院、順天堂大学医学部附属順天堂病院、鳥取大学医学部附属病院、長崎大学病院及び社会医療法人春回会井上病院等の医師等29名が訪中し学会発表及び交流を行いました。JICEからは岸本昌子常務理事、打田斉道研修事業部長、大岡夕伽子中国室長兼総務部広報室長及び中国室香取菲職員が同行しました。
開幕式では、まず2012年から3年間で計39名の訪日研修医師を代表し、江蘇省人民病院神経内科張克忠医師が感謝の意を述べ、日本側受入病院指導教員を代表して東京女子医科大学の上塚芳郎教授がご挨拶をされました。続いてJICEの岸本昌子常務理事、江蘇省抗がん協会の唐金海理事長、江蘇省人民対外友好協会徐龍副会長の後、衛計生委徐東紅副主任が挨拶されました。
本会議では日本側からは上塚芳郎先生(東京女子医科大学)、斎藤豊先生及び深川剛生先生(共に国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院)、内田伸恵先生(鳥取大学医学部附属病院)、下川功先生、中尾一彦先生及び江口晋先生(共に長崎大学病院)、樋野興夫先生(順天堂大学医学部附属順天堂病院)の8名の医師が講演され、中国側医師との積極的質疑応答や意見交換がなされました。
今回の交流会は、これまでの研修先としてご協力いただいている日本の病院の著名な医師であり、かつ訪日研修医師の指導者であった先生方が中国で講演されたという点で、これまでの3年間の訪日研修の成果として、文字通りの相互交流となった記念すべき行事でした。加えて本相互協力の立ち上げ時に貴重なご意見をいただいた鳥取大学からの先生方及び積極的な研修受入の表明をされている長崎大学の先生方もご出席いただき、今後の相互交流がますます充実したものになるという期待感が溢れた会となりました。
今後もJICEは江蘇省、中国のグローバルな医療の発展に貢献できるよう尽力してまいります。

koso0730_1.jpg koso0730_2.jpg
【開幕式】
右:江蘇省衛生和計画生育委員会 李郁副処長
中:東京女子医科大学 上塚芳郎教授
左:江蘇省人民病院神経内科張克忠医師(2013年度訪日
研修団長)
【腫瘍本会議】
左から2人目:国立研究開発法人国立がん研究センター
中央病院 斎藤豊先生

koso0730_3.jpg koso0730_4.jpg
【腫瘍本会議】
前列右端:長崎大学病院 下川功先生
前列右から3人目:鳥取大学医学部附属病院 中村廣繁先生
前列右から5人目:江蘇省衛生和計画生育委員会 石志宇処長
前列左から3人目:長崎大学病院 江口晋 先生
後列右から3人目及び4人目:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院 深川剛生先生及び吉永繁高先生
後列右から5人目:長崎大学病院 中尾一彦先生
後列右から5人目:社会医療法人春回会井上病院 
柳謙二先生
【睡眠分科会】
前列中央左:江蘇省衛生和計画生育委員会 石志宇処長
左から3人目:社会医療法人春回会井上病院 吉嶺先生
左から2人目:国家公務員共済組合連合会虎の門病院 成井浩司先生
石処長後左:順天堂大学医学部附属順天堂病院 葛西隆敏先生
後列左から2人目:社会医療法人春回会井上病院 
瀬戸信二先生

koso0730_5.jpg koso0730_6.jpg
【会談】
前列中央:江蘇省人民対外友好協会 呉錫軍会長
呉会長後右:江蘇省人民対外友好協会 徐龍副会長
呉会長後左:鳥取大学医学部附属病院 内田伸恵先生
前列右から3人目:順天堂大学医学部附属順天堂病院
樋野興夫先生
前列左から2人目:長崎大学病院 小澤寛樹先生
前列左端:鳥取大学医学部附属病院 木下直樹先生
【がん大会開幕式】
左:郭興華 旧衛生庁前副主任
中央:衛生和計画生育委員会徐東紅副主任
右:JICE岸本昌子常務理事

以上  中国室長 大岡 夕伽子