事業ニュース

フルブライトプログラムに学ぶ米国の受入事業

北米 留学生受入支援

 JICEの塩野谷剛留学生事業部長、山本愛一郎総務部特任部長、齊藤牧人事課長、吉岡孝二郎留学生事業部職員、友野紗織留学生事業部職員の5名が、平成27年7月19日~25日の期間、アメリカ合衆国でフルブライト奨学金を運営するInstitute of International Education(IIE)を訪問しました。訪問を通じ、フルブライト奨学金の歴史やIIEが同奨学金をどのように運営しているのかについて説明を受け、JICEが実施運営する留学生事業と比較しつつ、意見交換を行いました。

IIEの説明から、業務内容だけでなく実施運営上の課題というところでも多くの共通点が見られ、留学生事業を運営していく難しさを改めて認識しました。他方で、世界的に有名なフルブライト奨学金だけあって、事業広報や事業ブランド確立のための戦略については学ぶべきところが多く、多くの知識を得ることが出来ました。

日本国政府のODAによる奨学金を通じて、日本で学ぶ留学生に対しては、留学中の支援に加えて、帰国後の更なるフォローアップ戦略が必要とされています。フルブライト奨学金でも同様の課題を抱えていますが、留学生に対しては、日本という国を真に理解し、そして日本で学んだことに誇りを持ち続けてもらえるような仕掛けづくりをJICEとしても考えて行きたいと思います。

今後もIIEとの交流を通じて、IIEの業務ノウハウを参考にするだけでなく、JICEとIIEがお互いにwin-winとなるような課題解決型の連携のかたちも模索していきます。

留学生事業部長 塩野谷 剛


IIE0129.jpg
IIEフルブライトチームメンバーとともに

前方左から、JICEスタッフ
友野紗織留学生事業部職員、山本愛一郎総務部特任部長、齊藤牧人事課長、塩野谷剛留学生事業部長