事業ニュース

MIRAIプログラム 欧州、中央アジア及びコーカサスの大学生及び大学院生が訪日しました

アジア 欧州 国際交流

JICEが実施団体として企画・運営するMIRAI※の一環として、9月8日から9月15日まで、欧州、中央アジア及びコーカサスから大学生及び大学院生70名が訪日しました。

MIRAIは外務省による「対日理解促進交流プログラム」の事業の一つで、JENESYS2016(アジア大洋州)、KAKEHASHI Project(北米)、Juntos!!(中南米)と並ぶ青少年交流事業です。
同世代の日本人学生・研究者と知的交流を行うことで親日派・知日派になる動機付けを行い、日本の外交基盤を拡充するという目的に加え、被招へい者に日本の魅力等を積極的に発信してもらい、国際社会の対日イメージの向上、日本への持続的な関心の増進に寄与するということを期待しています。

MIRAIは2015年度から開始され、二回目となる今年度はJICEが初の実施機関となりました。
報告はこちら→http://sv2.jice.org/exchange/2016/10/mirai16.htm

※MIRAI:Mutual-understanding, Intellectual Relations and Academic Exchange Initiative


以上
問い合わせ先:国際交流部青少年交流課 03-6838-2730