事業ニュース

「夢は廻る 六朝文化の光と影—六朝文化への旅in東京」が開催されました

中国 複合(事業)

「夢は廻る 六朝文化の光と影—六朝文化への旅in東京」(主催:江蘇省人民対外友好協会・六朝博物館)が2017年3月24日にホテルベルクラッシック東京(東京都豊島区)にて開催されました。このイベントは、日中国交正常化45周年を記念し開催されたもので、中国の六朝文化に関する講演会のあと、六朝博物館に所蔵されている作品のうち厳選された 30 数点の写真の展示が行われました。

JICEは、2010年より江蘇省人民対外友好協会と友好協定を締結しており、このイベントの開催にあたり、江蘇省側からの要請に応じ、日本国内における事前の準備や当日の運営に対して協力しました。
当日は、中華人民共和国駐日本国大使館の郭燕公使、文化庁文化財部美術学芸課の樋口理央国際文化財交流協力官、日本中国友好協会の岡崎温理事長をはじめ、六朝文化に興味や関心の高い学術、教育関係者や東京国立博物館、自治体、マスコミ関係者などから50名以上に参加いただき、大変盛況なイベントとなりました。

六朝博物館のPRビデオの放映のあと、南京市博物総館南京市考古研究所二部の龔巨平副主任より「六朝のすがた—六朝建康城をめぐる考古活動と出土品について」という題目で講演を行いました。講演の後には、写真展とともに関係者間の交流の場が設けられました。

今回のイベントでは、六朝文化および博物館について日本で初めて体系的に紹介され、関係者間の人的ネットワーク構築を促進することができました。

JICEは、江蘇省人民対外友好協会との連携を今後さらに深めてまいります。

総務部中国室長 井出訓紳 



rikucho_1.JPG

江蘇省人民対外友好協会蔡錫生副会長
による主催者挨拶
rikucho_2.JPG

中華人民共和国駐日本国大使館郭公使
ご挨拶

rikucho_3.JPG
主催者である江蘇省人民対外友好協会、六朝博物館の皆様とともに
左から南京市博物総館六朝博物館総合業務部 張蕾副主任、
JICE岸本昌子常務理事、JICE山野幸子理事長、
江蘇省人民対外友好協会 蔡副会長、南京市博物総館南京市考古研究所二部 龔副主任、
JICE打田斉道研修事業部長。