事業ニュース

フルブライト・プログラムのノウハウを学ぶ ニューヨークで第二回職員研修を実施

北米 留学生受入支援

 JICEは昨年度に引き続き、2015年9月28日から10月9日までの2週間、Institute of International Education(IIE)においてIIE/JICE Professional Attachment Programを実施しました。

本プログラムは職員研修の一環として行われるもので、昨年のIIEワシントン事務所での第一回に続き、第二回はIIEニューヨーク本部で、フルブライト・プログラムをはじめとする奨学金事業の実施運営手法について学ぶことを目的に実施されました。

今回のプログラムでは、IIEニューヨーク本部で事業設計、大学配置、募集選考、留学生サービス、広報、研究・評価、新規事業開発等の各チームから説明を受けるだけでなく、アメリカ国内の他事務所とのテレビ会議を含む内部会議への参加や担当者の業務シャドーイングを通じてIIEのビジネスモデルを実地に学ぶことができました。さらにニューヨーク市内の大学のキャンパスやNPOを訪問し、各機関との連携事例を見聞する機会を得ました。

プログラムに参加した留学生事業部の吉岡孝二郎職員は、国際協力機構(JICA)の無償資金協力プロジェクト「人材育成奨学計画(JDS)」の実施運営を担当しており、IIEで学んだノウハウをサービスの向上に活用することが期待されています。


pap2015.jpg
“Fulbright Alumni Ambassador”が“Fulbright Experience”の活用事例を語り合う。
到着時オリエンテーション「Fulbright Friday」でのパネル・ディスカッション。


JICEの留学生受入支援:http://sv2.jice.org/jigyou/ryuugakusei.htm
JDS事業:http://jds-scholarship.org/

留学生事業部 留学生課
吉岡 孝二郎