お知らせ

日本ではたらく外国人に、職場で必要な日本語を教えたい皆様へ
日本語教材『はたらくための日本語』紹介セミナーを開催します

2019年5月31日に株式会社ラーンズから発刊(JICE編著)された日本語教材『はたらくための日本語』シリーズの特長と使い方について広く知ってもらうために、凡人社、ラーンズ、JICE共同でセミナーを開催します。

対象

日本ではたらく外国人に対する、職場で必要な日本語やビジネスマナーの教育・指導に関心のある方。
主に日本語教師(日本語学校、大学、専門学校、地方自治体、国際交流協会、企業、監理団体等に所属する方)

参加費

無料 ※要予約
★参加者全員に、特典として「教材&教師用手引き 抜粋版」を差し上げます!

講師

日本国際協力センター(JICE)

内容

日本ではたらく外国人は、2018年に約146万人となり、少子高齢化で働き手の減少が避けられない日本にとって、ますます必要不可欠な存在になっていくと考えられます。
日本に定住する外国人にとっては、希望する仕事に就くことは経済的基盤を作るだけでなく、社会の一員としてのアイデンティティにも関わり、生活の大きな要素です。
一方、外国人の就職における日本語力の問題は大きく、加えて、日本の労働慣行や企業文化による暗黙のルールやマナーも、外国人にとっては理解するのが容易ではないでしょう。
このような背景から、初級レベルの学習者でも、就労場面での会話・読み書きとビジネスマナーの知識を身につけ、さらには、求職者がキャリアプランを考え自立的な求職活動ができる、日本語ではたらく総合的な力を養うことを目的に開発、出版されたのが、就労者向け日本語教材『はたらくための日本語』、通称「はた(にち)」シリーズです。
今回のセミナーでは、「はた日」シリーズの魅力を余すところなくお伝えさせていただきながら、日本ではたらく外国人の養成、支援に必要となることについて、ご参加の皆さまとともに考える時間にできればと思います。

プログラム

●『はたらくための日本語』シリーズ発刊の概要(背景、ラインナップ、翻訳対象言語、特徴等)
●「就労のための日本語教育」ニーズの高まり(規制改革推進会議等の政府の動きについて)
●「職場のコミュニケーション」の紹介
・指導の3つのポイント
・レッスンの構成
・レッスンの進め方例
*途中、参加者同士でのやりとりによる、簡単な参加型プログラムも予定しています。
●「職場の語彙と表現」の紹介
・語彙分類と到達目標の進め方
●「キャリアプランニング」の紹介
・日本語教師がキャリア支援に踏み込む?
●質疑応答
※プログラムは、一部変更となる場合があります。

開催日時

名古屋 2019年10月19日(土)13:30~16:00 場所:ASAHI文化学院
大阪  2019年10月20日(日)13:30~16:00 場所:愛日会館 2Fイベントホール
東京  2019年11月9日(土)13:30~16:00 場所:新宿三井ビルディング 15F南 ベネッセ大会議室
福岡  2019年11月30日(土)13:00~15:30 場所:博多バスターミナル 第8ホール
札幌  2019年12月14日(土)13:30~16:00 場所:TKP札幌駅カンファレンスセンター カンファレンスルーム2D

主催

ラーンズ、凡人社

お問い合わせ・申し込み先

株式会社 凡人社
http://www.bonjinsha.com/wp/event

以上